毛深い子供は割と真剣に悩んでいる

2019年5月20日

毛深さが気になりだした子供時代

悩む子供
小学生になったころから既に気になりだした自分の毛深さ。
夏場に半袖になるのも恥ずかしかったし、学校でクラスメイトに腕とかを見られるのも恥ずかしかったですーー;

だって既に小学校2年生くらいからクラスメイトとかにからかわれたりしていて個人的にはめちゃくちゃコンプレックスだったから。

親に相談はしてみたものの、あまり真剣に取り合ってもらえず(今思えば謎)「夏は日焼けすればわからないよ」「年を重ねるたびに体毛は薄くなるから」と言い聞かせられました。

いやいや!!

全然解決になっとらん!!!

自分に子供がいてそんな悩みを持っていたらすぐさま解決してあげたい。
だって子供にとってからかいの格好の餌食ともなりえるからだ。

いくら回りの子たちに自分で「これは生まれつきだから」と説明したって子供はわからない。
良くも悪くも純粋過ぎてからかいの的になりえるのだ。

私の子供時代にはまだ子供向けの脱毛はもちろん、脱毛そのものが今ほどメジャーでもなく解決策がなかったのかもしれない。

でも何かしら出来ることはあっただろうと思うんだよなぁ・・。
過ぎたことはもういいのだけれど。

強力除毛クリーム「moomoムーモ」【医薬部外品】

母親に理解されない毛深い悩み

毛深い悩み

母親が同じような体毛や経験をしていたらまだ真剣に取り合ってもらえたのかもしれない。

だが、

太刀が悪いことに、毛深さの遺伝は父親からだったのだ。

母親はビックリするくらいのつるぴかボディ。
脚も光が反射するほどに。(むかつく)

父親は体毛は濃い方。
というより父方の親戚は男女問わず体毛が濃かった。

完全にここから遺伝している・・!
子供ながらにそう思っていたし今でもそう思う。

しかも肌の色は白い方だったから体毛が目立ってしょうがない!
毛深さは父親から遺伝して、色白は母親から遺伝という最悪な組み合わせ。

同じ女性として母親には理解してもらいたい

子供とはいえ、こういう身体のコンプレックスはお父さんには言いにくいことで母親を頼るしかなかった。
だから理解してもらえないのは結構ツラかったんですよ。

子供の身体だから過度な除毛や剃刀で肌を傷つけたくなかったのかもしれない。
でもやりようはあっただろうなと思うんです。

だからもしもお子さんが体毛で悩んでいる時は真剣に解決方法を考えてあげて欲しい。

体毛のコンプレックスが少しでも解消されるだけでもっと子供時代は楽しいものになったと思う。

強力除毛クリーム「moomoムーモ」【医薬部外品】

毛深いのは体毛だけじゃなかった・・

毛深い女
そう、体毛だけではなく顔面も毛が濃かったのです。
これは小学生の女子にとっては致命傷で最強にコンプレックスだった。

眉毛はゲジゲジ。
髭ともいえる鼻下。

正直これを書いている今でも思い出すのが苦いです。
このせいで何度も何度も嫌な思いをしました。

眉毛をみては「ビートタ〇シ」と言われ
顔を見れば「髭生えてない?」と突っ込まれ・・・
もう苦笑いするしかありません。

毛深さが原因でいじめ・・・?

大げさにいじめられることは無かったけど少なくともからかわれることはありました。
何でも口にするお調子者の男子とかクラスに一人くらいはいるじゃないですか。

そういう子と隣の席になった時には地獄でしたね。
そして、いくら年齢を重ねても母親が言うように体毛も顔の毛も薄くなることは無くこのまま中学生を迎えるのです。

中学生なんて一番多感な時期。

ここから自分で処理をし始めるのでした。

※処理の仕方やその結果の参事はまた別の記事で。

こうしてもらいたい!毛深さで悩んでいる子供への対応

毛深い子供
母親に相談しやすいか父親に相談しやすいかはその子によると思います。

どちらに相談してもやっぱり真剣に取り合ってもらいたい。
今の時代、子供でも脱毛できたり子供向けの肌ケア用品を使って上手く除毛することだって可能。

だからこそコンプレックスを取り除く協力をしてもらいたい。

毛深さで悩んでいる子供は可愛くなりたいとかそんな次元のものではなく、真剣にコンプレックスなのだ。
「見た目を磨くなんてまだ早い」とか「見た目をからかう子なんて相手にするな」とかそんなことで対処されたくない。

このコンプレックスがあるせいで自分に自信が持てなかったり本来の社交性が発揮できなかったりするのです。
自分の体毛がコンプレックスなんだから毛をなくす!
ただそれだけで生活がガラリと変わるので子供のコンプレックスに気が付いたら一緒に解決してあげてほしいです。

まずは毛を無くす!

これにつきます。

強力除毛クリーム「moomoムーモ」【医薬部外品】